1人暮らしの食器収納術!自炊のモチべが上がり過ぎてヤバイ!

1人暮らしのキッチンはスペースが限られているので食器の収納に頭を悩ましてしまいますよね。
割れやすいものもあるので、安易に吊るしたり高い場所に置いたりするのも不安です。
しかし工夫次第で1人暮らしのキッチンでも食器は快適に収納できます。
使いやすく収納して快適に生活しましょう!

食器のレギュラーメンバーを選ぼう!

1人暮らしで使う食器はそれほど多くないはずです。
レギュラーメンバーを選びましょう。
お気に入りの食器だけを使いやすく収納すれば快適に生活できます。
気に入っていない食器を無理して食器棚に収納する必要はありません。
来客用や特別な時に使う食器などそれほど頻繁に使わない食器は箱などに入れてしまっておいても不便を感じないはずです。

食器類は立てるが基本!

薄いお皿は重ねて収納すると納まりがいいです。
しかし、1人暮らしのお皿は大きさがバラバラであることが多いです。
大きい順に重ねるのが面倒だったり、下のお皿を取るのが怖かったりした経験はありませんか?
パン皿やティーソーサーなど薄いお皿などは立てて収納しましょう。
立てて収納すれば何処に何があるのか一目で分かる上、取り出すのも仕舞うのも簡単です。
専用の食器立てもありますが、ブックエンド、ファイルボックスなどでも代用できます。
丁度良い大きさを雑貨店や100円ショップなどで探してみましょう。

スペースはラックを活用して作り出す!

食器棚の仕切り板が少なくてどうしても食器を重ね過ぎてしまうという人にはラックの活用がおすすめです。
食器棚にラックをセットすれば食器を重ね過ぎずに済みます。
棚の上から下までの空間を有効活用することが出来るでしょう。

水切りラックも立派な収納場所!

食器を収納するべき場所が食器棚という決まりなどありません。
使っている食器が少ないのならば水切りラックに収納するという手もあります。
水切りラックから取り出して食べ物を盛り付け、食べ終わったら洗って水切りラックに収納するだけなのでとても合理的です。
ステンレス製の水切りラックならばサビの心配もありません。
見た目やホコリが気になるのならば布巾をかけておくようにしましょう。

1人暮らしの食器収納は工夫が大切!

1人暮らしのキッチンはスペースがあまり広くないので食器の収納に工夫が必要です。
まずは良く使うお気に入りの食器とそうでないものを分けましょう。
そしてスタンドなどを使って縦に収納したりラックを使ってあまり重ねないようにしたりするのがおすすめです。
見やすく、取り出しやすくなるでしょう。
また食器が少ないのならば水切りラックを食器棚の代用にするのも便利ですよ。